スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

SEX AND THE CITY

原題: SEX AND THE CITY(2008年)
監督: マイケル・パトリック・キング
キャスト:サラ・ジェシカ・パーカー / キム・キャトラル / クリスティン・デイヴィス




いやー
ドラマシリーズも全部みてます。

シーズン1あたりは
女性からみた男性の研究というか
女性の性にかんするぶっちゃけトーク、みたいな要素が主軸だったけど
だんだんと、女性が生活していくうえでの
いろーんな出来事
仕事、恋愛、悩み、不安、結婚、出産、友だち関係などなど
をひっくるめて描くようになってきて
憧れ?共感?
アー私にもこんなことあった、みたいな錯覚で・・ハマってしまった。

で、映画。

正直期待してなかった。
ドラマを映画にすると、詰め込みすぎ、またはスカスカになるかで
いまひとつだったりするじゃなーい。

1度目は「ふーん、まぁ単純にエンタテインメントでいいんじゃん?」
2度目はテレビ放送でみたけど・・泣いてしまった(笑)
どこで?
シャーロットがおもらししたのを見て
キャリーが思いっきり笑ったとこ。
みんなで楽しそうに笑ったとこ。

私も人生楽しーって思いながら
素敵に歳を重ねていきたいな。

スポンサーサイト

2010/06/11 13:07 | 映画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

ベルサイユの子

原題: VERSAILLES (2008年)
監督: ピエール・ショレール
キャスト:ギョーム・ドパルデュー / マックス・ベセット・ドゥ・マルグレーヴ / ジュディット・シュムラ




・・・オモかった・・・

今フランスってこんななの?
失業率がすごいの?ホームレスがたくさん?

その昔パリへ旅行したことのある私は、その華やかな思いでとのギャップが
ちょっとショックだった。

現実を見せつけるだけみせつけて、救わないというか。
・・なんというか。
フランス映画っぽいといえばぽいけど。

主演のギョーム・ドパルデューという方、
存在感がすごかったのだけれど、これが遺作となったみたいです。

ほかの作品もみてみようかなと思いました。

2010/06/10 14:40 | 映画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

私がクマにキレた理由

原題: THE NANNY DIARIES (2007年)
監督: シャリ・スプリンガー・バーマン
キャスト:スカーレット・ヨハンソン / ローラ・リニー / アリシア・キーズ




まぁ、よくある話ではあるけれど
スカーレット・ヨハンソンがかわいくてヨカッタよ。

日本では・・
すくなくとも私の周りでは
子守?家政婦?みたいなのってあまり一般的ではないようなきがするのだけど。

お金持ちの・・・ドラマや映画の中のしかもかたよった家族の話、といった印象。

でもアメリカ、、アッパーウエストでは一般的なのかな。
親ではなくナニーに育てられる。
しかも何人も入れ替わり立ち替わり。

そらー
考え方とか、人との付き合い方とか
感受性がいろいろ変わってくるわな。

とかなんとか、考えた映画でした。

2010/06/09 15:38 | 映画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

劔岳 点の記

劔岳 点の記(2008年)
監督: 木村大作
キャスト:浅野忠信 / 香川照之 / 松田龍平




「こうやって地図はつくられたのか~」
とは思いました。

映像(山の景色とか)もキレイだったし。

撮影、さぞ大変だったのでしょう。
よく撮ったな~

でも、ごめんなさい
私は・・・つまんなかった。

豪華俳優陣がそろっていたのにね。

2010/06/08 14:46 | 映画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

少年メリケンサック

少年メリケンサック(2008年)
監督: 宮藤官九郎
宮崎あおい / 佐藤浩市 / ユースケ・サンタマリア




しょうじきさー
話はご都合主義で特にどうってことないと思うんです。

でも

宮崎あおいがチャーミング(死語?)で。
目が離せませんでした。

なんだろなー彼女。
透明感があって 芯があって
柔軟性があって ふところが大きそうで ・・・

観察継続します。

2010/06/06 09:49 | 映画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。